愚痴

来世の自分に向けて今の自分は棚に上げろ

ナリタイアタシ

気分が落ちているときにふと思うことがある。

もしTwitterをしてなかったら何をしてたのかな と。

 

スマホのゲームをずっとやりこんでいたのかもしれない

スマホに向き合う時間を他の人に使うこともできていたのかもしれない

などなど。

 

考えても無駄なことだとわかっているのだがどうも気分が落ちているときの自分は考えてしまうらしい。

 

TLを見てみるとたまに自分の知り合いにtwitterなんかしなければよかったという人もいるのだが、自分はあまりそのようには思っていない。

綺麗事ではあるが、おそらくtwitterでリプライを交わして仲良くなった人たちはおそらく20年30年使っても会うことがなかった、もしくは仲良くなれなかった人たちだからである。

実際にtwitterを通して出会えた人もいるし、ちょくちょく遊ぶような人もいる。

何キロも離れた県からわざわざ遊びに来てくれた人もいる。

いつかあってみたいねと約束した人も何人もいる。

 

こんな人たちに出会えたことや、仲良くできたことを差し置いてtwitterやめたいと 大きな声で言いたくはない。

失ったものばかりを数えるのではなく残ったもの、これから拾えるものを大切にしていきたい。

 

今週のお題「私のタラレバ」

広告を非表示にする